アメリカという甘美な幻想

南カリフォルニアはオレンジ郡に住むオヤジです。妻共々サラリーマンでしたが、2011年にグリーンカードが当たり、アメリカへの憧れに抗しきれずに2012年10月に移住してきました。個人輸入代行やコンサルタントを生業にした後、2016年からは会社員(人事、法務など)に。移住する遥か前から積み重ねてきた様々な「アメリカ体験」も含めて文章に残すためにこのブログを書いていますが、会社員復帰以降は忙しすぎて更新は稀に。。。面目ない。

バグダッドカフェ

前回書いてから今日までのこと

ここまで空いてしまったのは忙しかったからであって、かつここまで空いてしまったが故に何を書いていいかわからなくなってしまったからだ。そこで今日は、最後のエントリーを書いた68日以降に何をしたかを思い出しながら、気付いたことを「日記形式」で書いて行きたい。

 

6月中旬のある日

コンサルタントとしての仕事の最初のヤマが過ぎた。ここまで116時間くらい仕事をする日が何週間も続いていたが、やっと解放された。そこで、土日を利用してかみさんと12日でデスバレー経由でLas Vegasへ行った。

IMG_3945
デスバレーのFurnace Creek


デスバレーの気温は華氏120度。摂氏では49度。この暑さと景色、いつ来ても夏のデスバレーは最高だ。今回はいつも行くBadwaterには寄らないルートで行程を作り、17:00頃Las Vegasに到着した。

IMG_3960
Las Vegasの中心を走るLas Vegas Boulevard(通称The Strip)
 

 

日本からアメリカに遊びに来ていた時は、Las Vegasに来るのはいつも真夏の平日の夜だったので目抜き通り(The Strip)に面したホテル(今まなきBill's Gamble & Saloon)に30ドル台で泊まれたが、今回は夏ではあっても土曜なので大体同じランクのホテル(Bally's)が170ドルした。

 

痛いことは痛いが、ホテル側のミスで間違った部屋をあてがわれていることに気づいて変更を求めたら「眺め最高のスイートではどうか」と言われそっちにした。

IMG_3982
こういう眺め



下の写真の通り確かに眺めは最高できれいな部屋だったが、中の作りが艶めかしすぎて落ち着かなかった。どう艶めかしいかと言うと:

 1)壁4面中、窓側を除く3面の殆どに鏡がはめられていた

 2)シャワー室の壁もドアもガラス製(つまり中が完全に見える)

 3)ジャグジー付のどでかい浴槽は部屋のど真ん中に配置され、かつ何の仕切りもない

   (つまり、リビングのど真ん中に浴槽だけが置かれている)

IMG_3961
ベッドのすぐ奥にジャグジーがあり、その右側にはシースルーのシャワールームが…



まあ、ベッドが1台しかないシングルの部屋なので、宿泊人数も1人という想定でこの作りを採用したのだろうけれど、僕らはいくら夫婦でも奥ゆかしい日本人。この部屋を照れずに使いこなすのは無理だったわけで、次回は「スイートだ!」っと脊髄反射で喜ばずに普通の部屋に泊まろうと思った。

 

夕食はホテル内のメキシカンレストランでタコスやケサディーヤを食べた。値段もリーズナブルで味は抜群だった。激しく推奨したい(何故か写真を撮っていない。手抜かりだ)。

ラスベガスからの復路では「Route 66」を通ってみた。
映画でおなじみの「バグダッドカフェ」があるニューベリースプリングスも通った。何回来たかわからないくらい来ていて我ながら呆れるが、逆に近くまで来たのに寄らないで済ますことが怖いという複雑な心理が去来するのもまた偽らざる事実だ。


IMG_4002
ニューベリースプリングスを西に数キロ行ったあたりで撮影



619日~76

日本へ出張。クライアントの日本支社に2週間お邪魔して諸作業を行った。自宅がある赤羽から日本支社がある新橋まで平日毎日通ったが、久しぶりの電車通勤は最初は苦痛だった。しかし、2日目に赤羽で始発に乗るとちょうどいい時間に新橋に着くことがわかり、3日目から実際にそうした結果通勤はかなり快適になった。

 

滞在中の東京は殆どが雨。まあ梅雨だから仕方ない。何しろコンサルとして仕事をするなんて初めてのことで、私的なことに時間をどう割けるか見当がつかなかった僕にすれば仕事以外で出来ることには限界があった。だから、天気が悪くても大勢に影響はなかった。

 

日本滞在中はアメリカでは食えないか食べられてもあまりうまくないか、うまくても高くつくラーメンやチャーハンやらをほぼ毎日昼食で食べ、晩御飯は同じくアメリカでは高いかまずいかもしくはその両方の刺身や牛肉をメインに自宅で食べた。間に入った週末には急遽会津の実家に戻って墓参りをし、アメリカに帰る直前の週末には大学時代の友人らと会うことができ、旧交を温めた。

 

しかし、アメリカに20129月に来て以降、日本に戻ったのはこれで5回目だったが、過去3回は父母と長兄の見舞いと葬式目的で、もう1回は愛猫が癌にかかったというので戻っていたのであって、全くの楽しみのために日本に帰るということは一度たりともしていない。次に帰るときは100%自由に行動できるものであってほしいと願わずにはいられない。

 

ところで、日本からアメリカに、またはアメリカから日本に戻るときには時差ボケの調整が必要になる。僕は10年以上前から強い睡眠薬(医者が処方するもの)で強制的に眠ることで早期にアジャストする方法を確立していたが、今回日本に行く時に持って行ったのはアメリカの市販薬で、これが全然効かなかった。このため、夜の10時に眠って3時間ほどで目覚め、その後眠れないという日々がずっと続き、仕事は非常に厳しくかなり体力を消耗した。

 

また、ようやく寝れるようになるともうアメリカに戻るというタイミングになっており、アメリカに戻ってからもアジャストができず、やはり「睡眠障害」に苦しんだ。効かない睡眠薬で中途半端に起きてしまい、さらにもう一錠飲み増しして寝るということまでやった。

 

その結果、体調は最悪になってしまった。効かない睡眠薬を飲み増ししても結果的に眠れなかった一方、短時間での規定以上の服用で睡眠のメカニズムを破壊してしまったのだと思う。アメリカに戻ってから4日目に無意味さを悟って睡眠薬服用は止めたのだが、6日目には体力の消耗でとことん疲労し、これに下痢が加わってどん底まで落ち、10日目にしてやっと自然に眠れるようになり体力も回復した。この経験は今後の教訓になった。

 

 

7月中旬以降現在まで

まあ普通にコンサルの仕事をしている。そしてこれからまた忙しくなる。期限との勝負が始まる。また116時間の労働に追い込まれるのは嫌だから何とかするつもりではいるが、それには仕事量を上手に配分し健康をキープすることが重要だと理解している。

 

ではまた書く日まで。

2006年、ニューオーリンズからLAへ(その四)

この日は「グランドサークル」と呼ばれる「国立公園ばっかりの場所」を訪れた。

06-12
Green River -- 800km+α --> Las Vegas (NV)

その前にMUST曲「Green River (by CCR)」を聴いたのは言うまでもない。そして公園に行くまでのUT-24、これが本当にいい道だった(道路と自然が互いに引き立てあい、いい味出している道のこと)。

CIMG1499
轢かれても自己責任ということでお願いします。よい子は真似しないでください。

キャピタルリーフNP、ブライスキャニオンNP、そしてザイオンNPの3つを見たのだが、個人的にはザイオンがよかった。「走って見る際に最適な風景」という意味で一番優れていた。

CIMG1538
ブライスキャニオン

CIMG1560
ザイオン。道路が楽しい。

夕方ラスベガスへ到着。3年ぶり3回目だ。ギャンブルしないのに何故か好きな町だ。シルクドソレイユの「Beatles Love」の看板を見て、いつか観たいなぁと心底思ったものだ(2011年にやっと観れた)。

CIMG1569
ホテルミラージュのLoveの看板

前夜ラスベガスのモーテルで初めてピザとサラダを注文してみたら、案外旨かったことに気を良くしてよく寝れたので、軽快に出発。

06-13
Las Vegas -- 730km --> San Luis Obispo (CA)

まずはNewberry Springsへ向かった。映画バグダッドカフェのあのカフェがある町だ。

CIMG1590
実在するバグダッドカフェ

聴く曲は勿論、同映画の主題歌「Calling You」(by Jevetta Steele)」だ。

 ベガスからどこに行くともしれない砂漠の道
 これまでいた場所よりはマシなところにつくだろうか
 コーヒーマシンが壊れて修理が必要になってしまった
 あの曲がり角にあるコーヒーショップで
 嗚呼、私はあなたの名前を呼んでいる。聞こえる?呼んでいるのよ。

こういう曲をこの場所で聴いて感動しないわけにはいかなかった。

ベーカーズフィールド周辺は農業地域で、日本とは規模が違う畑が延々と広がっていた。行こうとしていたのはそこから少し西にある下の写真の場所だった。

CIMG1606
ジェイムスディーン・メモリアル・ジャンクション

ここは州道41号線と46号線が交差する場所で、ジェームスディーンが交通事故死した場所だった。ジェームスディーンは1955年に亡くなっており僕の世代でさえないけれど、アメリカのポップカルチャーになくてはならない人だと思い、敬意を表しに来たのだった。

そしてサンルイオビスポで一泊し、翌朝LAに行くと僕らはグラミー賞受賞のギタリスト、ダニエル・ホー氏夫妻にお会いし、厚かましくも2泊させてもらった。2006年の旅(その一)で書いたように、2005年12月に仕事で彼に楽曲制作を依頼したのが縁だった。彼は2006年2月にスラックキーギターを弾いて参加されたアルバムでグラミーを受賞しており、恐れ多い訪問となった。
ギャラリー
  • 米東南部を巡る理解の更新(2)
  • 米東南部を巡る理解の更新(2)
  • 米東南部を巡る理解の更新(1)
  • 米東南部を巡る理解の更新(1)
  • 米東南部を巡る理解の更新(1)
  • 米東南部を巡る理解の更新(1)
  • 米東南部を巡る理解の更新(1)
  • カリフォルニアの住宅事情 ‐ 4畳半があったなら
  • 米東南部旅日記(9-最終回):第7日後半と最終日
  • ライブドアブログ