アメリカという甘美な幻想

南カリフォルニアはオレンジ郡に住むオヤジです。妻共々サラリーマンでしたが、2011年にグリーンカードが当たり、アメリカへの憧れに抗しきれずに2012年10月に移住してきました。個人輸入代行やコンサルタントを生業にした後、2016年からは会社員(人事、法務など)に。移住する遥か前から積み重ねてきた様々な「アメリカ体験」も含めて文章に残すためにこのブログを書いていますが、会社員復帰以降は忙しすぎて更新は稀に。。。面目ない。

ナッシュビル

2007年、アメリカ プチ一周ドライブ(その三)

7/12から14の、大体2000kmくらいの行程を書くこととする。

070712-14

7/12
ナッシュビルはカントリー音楽のメッカだ。2005年に訪問したのに殆ど何も見ることができなかったので、午前中は町の様子を見て回った。

まずはレコード会社や音楽出版社が集まるミュージックローという地域を見た。僕は昔は音楽家で、その後サラリーマンとして放送局に勤務し、途中音楽出版社に出向したような人間なので興味津々だった。写真のように通り名には名ギタープレーヤーのチェット・アトキンス(ビートルズのジョージハリスンが多大な影響を受けた)の名が冠されていたりと、ここはまさに「音楽業界の町」だった。

CIMG2364

ところで、2007年ころから2012年くらいまで、僕ら夫婦は「アメリカンアイドル」に夢中だった。この2007年は3位に入ったメリンダ・ドゥーリトルという黒人女性が僕らのお気に入りで、この人がナッシュビル出身だったのでここに来たという意味合いもあった。実際、ナッシュビル市が彼女の3位入賞の功績を称えて名付けた道路を訪問するのはここでの最重要の目的だった。

CIMG2377


この後には「プレスリーの町」であるメンフィスに行くことにした。普通に行くのはもったいないのでミシシッピやアラバマ経由で行くことにし、途中アラバマのサービスエリアで降りると以下のような碑が。

new


「アラバマ。我々は何が何でも我らが権利を守る」と書かれている。案内係の黒人女性に「あの碑の文言の意味は?」と尋ねると「白人の権利のことよ。黒人の奴隷制を守ろうとした南軍の白人が言う権利のことだから」とのことだった。今でも南北戦争の遺恨が残っているのだからアメリカは複雑だ。

この道中ではずせない曲は勿論リナードスキナードの「Sweet Home Alabama」だ。しかしこの曲も南部賛美の歌だ。しかもリベラルのニール・ヤングを批判する歌詞がてんこ盛りの(実際は別にそんな仲は悪くなかったそうだけど)。

15:00、ようやくメンフィスに着いたが、なんというか非常にあからさまに観光地化され、あまりいいイメージが湧かなかった。

CIMG2390

エルビスがヒット曲をレコーディングしたサンスタジオは、中は土産物屋だった。「親切な人」が中から出てきて「写真を撮ってあげる」と言うのだが、その代わり何か買って行けという。いや、結構ということでエルビスの家「グレースランド」に行くと、ここは有料博物館化されていて、建物の奥に行くにはお金を払う必要があった。そこまでエルビスが好きではなかったということもあるが、やはりあからさま過ぎて興が削がれてしまったので中には入らなかった。下の写真はエルビスの家の庭だ。久しぶりに確かめてみたが、なんとこれしか撮っていなかった。

CIMG2395

メンフィスに行くならこの曲。チェックベリーの「Memphis Tennessee」(またはビートルズの同曲カバー)。

7/13
ヒューストンに向かった。途中凄まじい雨にやられたが、かなりのアメリカ人はそれでも法定速度以上で走る。僕には無理だった。ヒューストンではNASAを見たかったが、すでにフロリダに拠点の大半が移っていると知り、街をドライブするだけで終わった。写真がないのだが、記憶ではそんなに悪い印象はなかった。

7/14
もう明確な目的地はなかった。サンアントニオを見て、あとは広大なテキサスのドライブを楽しむだけという感じだった。サンアントニオには比較的有名なアラモ砦があり、僕らも見学した。

CIMG2415

その後は「走っても走ってもテキサス」状態を楽しみ、日が沈む直前にスイートウォーター(Sweet Water)という町のモーテルに到着。

2005年、ナッシュビルからシアトルへ(その一)

ナッシュビルはカントリー音楽のメッカだが、ここをアメリカでの旅の出発地に選んだ理由は、1)まだ行ったことがないプレーリーを走る、2)終点をシアトルにして旅を設計するとこの辺が起点になる、といったどうでもいいものであった。とはいえ、ロッキーを越えて一気にテネシー州から旅を始めるのだから昂っていた。そしてもうワンテーマ、今回は一度行ったことがある州は行かない・通らない。これで旅程を組んだ。

まずは成田からシカゴのオヘア空港に11:50に到着。乗り継ぎ便でNashVille(ナッシュビル)についたのが15:00。ところが僕の荷物が出てこない。係に聞いたら誤ってシカゴから違う便に乗ってしまっているとのこと。「今日中にナッシュビルに届けられるから」というので今日泊まるモーテルの住所を教えて17:00過ぎに出発。アメリカではこういう約束事が言った通りに果たされないことが非常に多く、本当に届くだろうか、と大いにいぶかしく思った。

とりあえず今日の宿にチェックインしようとするが小雨の中道に迷い、色々な場所で人々に道を聞いて、着いたのは19:00くらいになっていた。もうこうなるとご飯を食べてシャワーを浴びて寝るしかないのだが、荷物の到着を待つという一大イベントが残っていたし、そもそも着替さえない。結局荷物は夜12:30に無事届き、やっと眠ることが出来た。30分「今日」を過ぎたがまあいいか。

05-04
Nashville (TN) --700km--> Columbia (MO)

翌日はミズーリ州のコロンビアという町まで進んだ。その前にまずは「ナッシュビルは音楽の街」というのがわかる場所に繰り出してみた。下の写真の通りなので、「音楽の街」確定。

05-02


次の目的地はSt. Louis(セントルイス)だが、そこに至る過程でケンタッキー州に突入。嬉しい。州の看板も容易に見つけられて「州境フェチ」には堪らない(実はこのときイリノイ州も通過していた!)。

CIMG0475


そしてセントルイス。ゲートウェイ・アーチがあるリバーフロント(ミシシッピ川)に来てみた。学校で必ず習うこの川は汚く濁っていたが、大きな物流を担ってきた歴史ある川だからか威風堂々とした感じがした。ゲートウェイは中を登っていけるのだが僕らはそうしなかった。ゲートの全景のうち50分の1しか写り込んでいない写真を撮っただけだった。

05-01
ミシシッピ川 / 妻は小さくアーチは片隅で何を撮りたいのか不明な写真

セントルイスからI-70を進めばColumbia(コロンビア)だ。ここも進めるだけ進んだあとに宿をとるだけの町として選んだ場所だった。何にしても天気がすぐれない。小雨か曇りが多く、まだきちんとした晴れ間を拝んでいない。砂漠じゃないのだから当たり前とはいえ、旅の楽しみが半減して雨は嫌だ。
ナッシュビルからここまでで約700km。もう全然苦にならない。

05-05
Columbia -- 800km --> Sioux Falls (SD)

翌朝、西に向かう。I-70だけでは面白くないので、西に向かう基本は抑えつつ適当な道に適当に入ってみた。そして適当なところで車を止め、写真を撮ってみた。こんなところに来ていたのか、と9年後に再確認して呆れた。

CIMG0499
ミズーリ州ブラックバーン手前。人口249人。僕のパーソナルな思い出を構成してくれている

こんな風に順調に西に向けて走っていたらまた雨。しかも強い。昨日のテレビでは竜巻が多発しているとのことだった。これはうかつだった。6月の初旬はプレーリーはまだまだ竜巻シーズンだったのに、そんなこと露知らずこんな旅程を組んでしまった。

雨のKansas City(カンサスシティー)。雨で写真が撮れなかったがダウンタウンのルックスはカッコよかった。「ミズーリ州カンサスシティー」と「カンサス州カンサスシティー」に分かれているのも訳がわからなくてGoodだった。ここで聴くべきなのは勿論これ、「Kansas City(by Little Willie Littlefield)」。ビートルズはこれをカバーしたわけであるが、やはりせっかくなのでオリジナルを聴きたい。いや、僕は実際には「せっかく」だったのに聴けてないのだが。

ここからはI-29で北上を開始。やがて雨も上がった。ミズーリからアイオワに入ると少し西側(ミズーリ川)がネブラスカのとの州境になるので、ここで州道978に入って西に向かい、川を越え、州を越えた。ここですべきことがあった。Bruce Springsteenがアコギとハーモニカだけの伴奏で歌う「Nebraska」を聴くことだ。

05-03
州境の橋。ビデオしか撮ってなかったのでGoogle Earthからお借りした。

ー ある男が、ネブラスカ州リンカーンからワイオミング州バッドランズに至るまでに、同乗する女性とともに人を銃で殺していく。捕まり、死刑が宣告され、いよいよ絞首刑が執行されるとき、看守たちが「お前、なんでやったんだよ」と聞いてくる。男は言う「旦那、何故って言われてもね、この世には理由もなく粗暴なやつってのもいるんですよ」ー

この曲は効いた。州をまたぐ際に通る橋が既に味があって見事だった。その後の道にも味があった。そして楽曲「Nebraska」が持つ虚飾をそぎ落とした音世界、これが感涙を誘った。

歴史ある街並みが楽しめるPlattsmouth(プラッツマウス)、ネブラスカ最大の都市Omaha(オマハ)を過ぎ再びI-29に入った。そして、やがて
South Dakota(サウスダコト)州に入り今日の宿泊地Sioux Falls(スーフォールズ)には18:00頃到着。宿で観たテレビで、今日通った場所の近くでトルネードが多数発生していて僕らはそれを避けるように走っていたことがわかった。やばいな。
ギャラリー
  • トランプ大統領からのお手紙
  • リオープン派の皆様の言辞
  • リオープン派の皆様の言辞
  • リオープン派の皆様の言辞
  • 「コロナの現実」の地域ごとの違い
  • 変わるアメリカ人と変わらない日本の不決断
  • 日本よ。早く決めよう!
  • 日本の甘さ
  • 南カリフォルニアの新型肺炎の状況(2)
  • ライブドアブログ