アメリカという甘美な幻想

南カリフォルニアはオレンジ郡に住むオヤジです。妻共々サラリーマンでしたが、2011年にグリーンカードが当たり、アメリカへの憧れに抗しきれずに2012年10月に移住してきました。個人輸入代行やコンサルタントを生業にした後、2016年からは会社員(人事、法務など)に。移住する遥か前から積み重ねてきた様々な「アメリカ体験」も含めて文章に残すためにこのブログを書いていますが、会社員復帰以降は忙しすぎて更新は稀に。。。面目ない。

コロラド

2007年、アメリカ プチ一周ドライブ(その一)

2014年72日に日本から4か月ぶりに病気の猫と一緒にアメリカに戻り、最初のエントリーは2007年のこの旅行のことにした。

2007年7月4日、前月に転職を決め、次の職場で働き出す前に残りの有休を使って行くことにしたこの旅は、日数21日、走行距離11,000km、間違いなく我が人生のハイライトの一つと言える。次の職場では自分の得意なことをかなりの裁量権をもらってやることができることになっていたし、21日間ただただ旅に集中し堪能出来るなどという機会を得、僕は、そして妻も高揚していた。


この旅はカリフォルニア州サンフランシスコからスタートし、ミネソタ、ケンタッキー、テネシー、アラバマ、テキサス、ニューメキシコなどを回ってカリフォルニアに戻るという道程だった。事前にラフには決めていたけれど、何しろ21日あるのでどこにでも行けるので八割がたノープランで旅は始まった。


07-1-0704-0707

7
4
サンフランシスコに到着し、すぐにレンタカーを駆って一路I-80を東へ。目的地はネバダ州ファロン(Fallon)。サクラメントでUS-50に入り、緑深いシエラネバダ山脈と低標高の砂漠地帯を通過し、アメリカ軍の基地があることでそこそこ栄えているFalllonのモーテル(予約済み)に夕方到着。その時ラジオからかかって今も耳に残る音楽がMaroon 5の「Makes me wonder」だった。このバンドの曲はアメリカドライブに最適。

75
US-50で更に東進し、ソルトレイクシティーの南のあるプロボ(Provo)を経て、最終的に予約を取ったモーテルがあるユタ州ルーズベルト(Roosevelt)まで進む。目的はこのネバダ州のUS-50を走ることだった。US-50のネバダ東部部分は「アメリカで最も孤独な道(Loneliest Road)」と言われ、人里から次の人里への間隔が100マイル(160㎞)では済まないほど何もない。なので道フェチとしてここを通らないわけにはいかなかった。いや、素晴らしかった。

CIMG2195

76
基本US-40を使いデンバーに行く。目的はKazuo。そう、当時コロラドロッキーズにいた松井稼頭央を見に行った。砂漠から緑深いロッキーに入ってデンバーに至る景色はこれまた最高。砂漠の土色が次第に木々の緑に変わり、空の青と澄んだ風に泣きたくなる思いだった。夕方クアーズフィールドで野球観戦。大リーグの雰囲気は素晴らしい。野球を愛している感じが素晴らしい。背中にMATSUIと書かれたユニフォームを着るお客さんが多数いてびっくり。この時松井は確かに愛されていた。試合の結果は覚えていないけど。そうそうデンバーは空気が澄み快適そうな街だった。ダウンタウンを歩いただけだけど。
 
CIMG2234

77
デンバーからモーテルの予約を取っておいたサウスダコタ州ブルッキングス(Brookings)までの1100km。これは一日の移動距離として最長だった。しかしこの日のハイライトは便意との格闘。のんびりしたコロラド東部のI-76を鼻歌交じりに走っていると徐々に便意が。しかし人里がない。催してる最中に通過した2か所のサービスエリアはともに閉鎖され、淡い期待が裏切られる心理的ダメージに幾度も心折れそうになりながら、結局150㎞以上括約筋を酷使してなんとかネブラスカとの州境の町にあるサービスエリアに辿り着き、事なきを得る。マジで人格崩壊の危機だったのに横でラジオに合わせてノリノリの妻は、僕の苦悶する様子を見て爆笑していた。鬼か。

ネバダ州ノースプラット(North Platte)でUS-83に入り今度は北進。この道もすごかった。牧草とおぼしき草が生え、ところどころ白い岩石が露出する大地を貫く道路は、まるでローラーコースターのように上下する場所が長く続くなど飽きそうで飽きなかった。サウスダコタ州マードー(Murdo)I-90に入り東へ。旅は4日目。時差ボケに弱い僕はまだ睡眠のリズムがつかめず、しかも蓄積した疲れ(排便我慢のアレが特に効いた)で目が痙攣し勝手に閉じてくる。ハンカチを氷水に浸し、それを片目ずつ当てながら、夜8:00にブルッキングスに到着。死ぬかと思った。

2003年、デンバー・LA間をドライブした(その一)

この年もFM放送局でサラリーマンをしながら、アメリカドライブが出来る日を一日千秋の思いで待っていた(あ、今後「ですます調」で書くの止めます)。前年の2002年にドライブしたことでアメリカの旅の楽しさは百倍増し、とても365日が経過するのを待ちきれず、旅行は6月末に行くことにして以下のような旅程を組んだ。但し6月30日のキングマン以降は旅の当日に決めたものだ。

627

成田 ⇒ シアトル経由 ⇒ デンバー

627

デンバー空港 ⇒ リトルトン(CO)

28

デンバー ⇒ モントローズ(CO)
・ロッキーの山並みを見ながら走る
・コロラドナショナルモニュメントを訪れる

435km

29

モントローズ ⇒ ギャロップ(NM)
・ロッキーそのものを走る
・ルート66の重要拠点を見てみる

480km

30

ギャラップ ⇒ ニードルズ(CA)
・ルート66を走る
・あの歌詞に出てくるあの街に行く
・キングマンからはアドリブで行く 

650km

71

ニードルズ ⇒ サンディエゴ(CA)
・砂漠を走る
San Diegoの海を見る

550km

2

サンディエゴ ⇒ LA

200km

3

LA

4

LA ⇒ 成田(5日到着)


ところで、前回のドライブ旅行で最も楽しかったのは、観光地やショッピングではなく「広大なアメリカをドライブすることそれ自体」だった。例えばデスバレーは素晴らしかったし今も大好きだが、そこに至るまでに走った何の変哲もない砂漠でさえそれに等しい感動をくれたし、前回あれだけ走ってもアメリカ50州のうち3州しか通っていない事実に「まだ訪れていない州や場所は沢山ある。早く走ってみたい」という欲望がかき立てられた。つまり、どこか特定の場所に行きたいというよりは、行ったことのない場所を走ることを優先して出来た旅程ということである。

◆6/27
シアトル経由でデンバー国際空港へ。ダラーレンタカーで車をチェックアウトしたら既に16:00近くになっていた。夏時間を採用しているデンバーの6月の太陽はまだまだ高い位置にあって、まだまだお昼のような感じだったが、デンバーから20kmほど離れた町、Lone Treeにあるモーテル「AmeriSuites Denver Park Meadows」へと急いだ。

モーテルは非常にきれいで清潔だった。気を良くしつつ近所を散策し、近所にスーパーがないので車で探し、適当なところでパン、サラダ、ビールなどを購入し、戻って食べ、風呂に入り、お気に入りのコメディー「Drew Carey Show」の再放送を見て眠った。

◆6/28
今日は600km近い走行が必要になる。朝7:30モーテルを出発し、コロラド川に沿って走るI-70を西に進む。山と川に恵まれた土地だけに、ラフティングを楽しむ人たちが大勢いた。昼、Grand Junctionでバーガーキングを食べたあと「Colorado National Monument」へ。特に人気があるスポットではないけれど、妻が希望したので行ってみた。

co-1
I-70のサービスエリア / 公園 / 公園からの眺め

それなりに満喫し、そこから100kmほど南にあるモントローズに17:00前に到着。ネットで予約していた”Best Western Red Arrow”はハイシーズンなのに$79.93で泊れ、キュートな佇まいと何より朝食の充実ぶりには目を見張るものがあった。ここには7年後に訪れることになるのだが、今では「Best Western」の冠が取れているので、ここも経営主体が変わったのかもしれない。22:00、いい具合に疲れて就寝。


6/29
朝7:00に、US-550を南に向けて出発。3000メートル級の山々を走る。途中のOuray(ユーレイ)やSilverton(シルバートン)などは、アルプスを彷彿とさせるヨーロピアンな町並みが楽しく、山々の緑と渓流はDurangoまで果てしなく続いた。

co-3
観光列車/ロッキーの勇壮と美/シルバートンの街並み2点

編集してきたCDの中ではAlison KlaussのDown in the River to Pray」がこの区間の最適曲だった。サウンドトラック「O Brother, Where Art Thou?」に入っていた一曲だ。「罪人(つみびと)よ、川に行き、その中で祈りましょう」といった一節があるキリスト教と関係がある曲だ。Joe Walshの「Rocky Mountain Way」より遥かに効いた。


Durangoで車を降り、町を散策した。緑に溢れたなかなか美しい町だった。駅があったので見てみると、シルバートンとこの街を観光列車が走っているようだった。メキシカンレストランを発見し、ここで昼食をとった。旨かったとは思うが量が多すぎて食べ切れなかった。

DurangoからはUS-160に入り西へと進んだ。45分ほどでCortez(コルティーズ)という町につき、US-491に入って再度南下。ほどなくニューメキシコ州に入り、Shiprock(シップロック)という町を通過した。このあたりからNavajo Nation(ナバホインディアン居留地)になる。ちなみにこの町の名前の由来であろう「軍艦のような岩(すなわち「Shiprock」)」は実在し、この道を通ると目に入る。確かに軍艦のような形をしていた(写真はないが)。

このあたりでBusta Rhyme & Mariah Careyの「Baby if you give it me」がラジオから流れてきて不意をつかれた。砂漠には全く関係ないのに妙に印象に残り、今ではこの曲とここの風景は完全にリンクしている。アメリカでラジオを聴いて、その年のヒット曲を聴くようになった。齢を重ね、昔の曲しか聴かなくなっていたのに


*Gallup, NM(ニューメキシコ州ギャラップ)
Shiprockから2時間弱、夕方4:00にGallup(ギャラップ)に到着。ここに泊ることにするが、予約がないので数件交渉し、Best Western Royal Holiday($66.97)に決定。早速夕食の仕込みがてら町中を走った後、Walmartを見つけて中に入った。驚いてはいけないのかもしれないが、当たり前のことなのかもしれないが、ここにはネイティブアメリカンしかいなかった。白人も黒人もおらずアジア人は私たち夫婦だけだった。

ギャラリー
  • トランプ大統領からのお手紙
  • リオープン派の皆様の言辞
  • リオープン派の皆様の言辞
  • リオープン派の皆様の言辞
  • 「コロナの現実」の地域ごとの違い
  • 変わるアメリカ人と変わらない日本の不決断
  • 日本よ。早く決めよう!
  • 日本の甘さ
  • 南カリフォルニアの新型肺炎の状況(2)
  • ライブドアブログ