アメリカという甘美な幻想

南カリフォルニアはオレンジ郡に住むオヤジです。妻共々サラリーマンでしたが、2011年にグリーンカードが当たり、アメリカへの憧れに抗しきれずに2012年10月に移住してきました。個人輸入代行やコンサルタントを生業にした後、2016年からは会社員(人事、法務など)に。移住する遥か前から積み重ねてきた様々な「アメリカ体験」も含めて文章に残すためにこのブログを書いていますが、会社員復帰以降は忙しすぎて更新は稀に。。。面目ない。

ケンタッキー

米東南部旅日記(9-最終回):第7日後半と最終日

75/3)後半と最終日(5/4)

アトランタ、そしてエピローグ

 

水族館を16:30に出て駐車場に行き、車を出してそのままホテルにチェックンした。ここはダウンタウンの高級ホテルということになるが、100ドル台で泊まれたという事実からその部屋のレベルは推し量れるだろう。そう、とにかく狭かった。それこそ日本の6畳間という感じだった。勿論僕らは一向に構わなかったけれど。

IMG_6350
アトランタのダウンタウンからの眺め。

 

夕飯をどこで食べるか。またもこの問題を解決しなければならなかったが、非常に難航し、はっきり決めずにホテルの外に出てみた。そして雰囲気的に良かったモダンメキシカンのレストランに入った。

IMG_7651

うまかったです。素敵な会話が出来ればなおのことですね。今店名が思い出せないけど
 

ここで、僕らは面白い会話を楽しむことが出来た。(   ..このような楕円のカウンターの右端の(  ..の部分に僕らは座っていたのだが、僕らの前に若い女性が座り、次いで楕円部分に中年夫婦が座った。5人が (   ::)・ のような陣形で座ったわけだ。


すまぬが会話風景や彼らの画像はない。


この旦那がよく喋る。マルガリータを何にするかを巡り独り言を始め、次いで横の若い女性を巻き込み、その後話はどんどん展開し、野球に行きついた。旦那は「B」という馴染みのあるロゴがついたキャップをかぶっていた。高確率でレッドソックスファンであった。彼の右横の若い女性も左横の奥様も大変楽しそうに野球の話をしていたので、僕も野球大好きの日本男児としてこれに加わった。


かつてレッドソックスの一員だった野茂、松坂、岡島などは勿論、彼はレッドソックスファンの視点から田中、イチロー、松井などに対する評価や思いを話してくれた。彼にとって松坂は世間が思うほど「悪い買い物」だとは思っていないとのことだった。僕はどうしても日本人としてイチローや松井などの日本人プレーヤーを応援するファンとしての視点でMLBを観てしまうことを断ったうえで、日本人がMLBに対してどのように評価しているかなどを伝えた。


IMG_6347
唐突だがアトランタ水族館のタイポ(打ち間違い)が面白かったので載せておきたい

MLBのことを話しただけではなかった。彼らはいずれもアトランタやその周辺に住んでいるが、旦那はボストン出身、奥さんはケンタッキー出身、若い女性もケンタッキー出身だった。僕はカリフォルニアに住む日本人という立場からアメリカの地域性なども話題にした。最も面白かったのは、旦那が本当にニューヨーカーを嫌っていたことだった。


僕は「ヤンキースとレッドソックスのライバル関係は日本でさえ有名だが、実際にレッドソックスファンがヤンキースファンをそこまで唾棄するような思いを持っていると聞いたのは初めです。何故そんな感情になるのでしょう」と尋ねた。


彼は「それはね、なんというか…、あいつらは傲慢なんだよ」と答えた。ニューヨーカーの傲慢さ。あまりにステレオタイプであり予想通りすぎた。しかし、まるで中華思想ではないかと思えるほど、ニューヨーカーはアメリカの、そして世界の中心にいるという意識が強いのだと彼は考えていた。その断片がヤンキースの金にものを言わせる補強に現れている、というわけだ。


まあ、ボストン人(ニューイングランド地方の人)がニューヨークが嫌いだというのは嘘ではないようだ。

会話が弾み、ビール2本、ワインをグラス4杯をあけてしまった。時間は10時を回っていた。

僕は非礼を許してほしいと事前に謝ったうえで、ナプキンに名前とメルアドを書き、旦那に渡した。旦那と若い女性はそれを確認しながら名刺を僕にくれた。旦那はなんと弁護士だった。会話中この陽気な弁護士に対し僕は好感を抱いていたが、何かあっても雇うのは難しいだろうななどと思った。

若い女性はアトランタからはかなり離れたサバンナという街にある広告代理店のマーケターだった。金曜の夜にアトランタに遊びに来てメキシカンレストランで一人ディナーをし、年上カップル2組と談笑する女性マーケター。とても素敵だ。知性的で宜しい。上からながらそう思った。

 

IMG_7351
今回は州の看板があまりなくて悲しかった

***

8日(5/4

アトランタ⇒OC


8時くらいの飛行機でLAXに向かった。飛行時間と時差により、LAX到着は昼の3時になった。帰途買い物をしたり夕食を取り、夜8時頃に帰宅した。行きたかった州、行きたかった特定の観光地や地域を訪問できたこの旅は、非常に楽しかった。


一方既述の通りこのアパラチア山脈の歴史、伝統、思想といったものは僕の常識を超え-それはいい意味でも悪い意味でも-それがある種複雑な後味を残すことになった。そのことは、これから書いていくことになる。

2007年、アメリカ プチ一周ドライブ(その二)

今回は下のような経路でナッシュビルまで行く過程を書きたい。

070708-02

7月8日
この日は、2005年にモンタナ州で出会ったLoss一家のミネソタ州ブレイナードにあるお宅にお邪魔し、それから州都セントポール・ミネアポリスに宿泊というスケジュールだった。サウスダコタ州ブルッキングスからミネソタはすぐ鼻の先だがノースダコタにも近いので、あえて一旦ノースダコタに入るルートでブレイナードを目指した。

CIMG2257

このあたりは冬は氷点下20度が当たり前の地域なので「住むか?」と言われれば恐らく寒さが苦手な僕は住まないだろうという地域だが緑と湖沼に恵まれていて、この日は北国っぽいどよんとした雲や小雨に祟られた一日だったけれどそれなりに砂漠好きの僕も楽しくドライブした。

約束通り、14:00にトム、カーラ、ジョーイ、アニーの4人家族、Loss家に到着。歓待を受けたが、驚くことが多かった。中でも、彼らの家の庭で実弾を撃っている事実を知ったのは驚愕の一言だった。「Kazz、銃は撃ったことある?撃ってみる?」と誘ったのは当時5歳くらいのジョーイだった。この質問への答えは「あるわけない」なのだが、親父もお袋も自らライフルを撃ち出し、ボーガンまで持ち出してきた。凄い展開だ。

お言葉に甘えて(?)撃たせてもらったが、構えが間違っていたらしく反動でスコープが左目を直撃した。大丈夫?と憐れんだ目で聞くジョーイに「全然平気!」と答えたが、少ししてきれいなクマが出来たほど凄い衝撃だった。

CIMG2267

彼らは猟期に入ると鹿、ウサギ、アヒルなどを獲り、実際に食べる。そういう文化なのだ。僕には狩りは出来ないしそうした獲物を食べる気もないが、食文化は可能な限り尊重されるべきと思っている。そして、日本に入ってくるのはカリフォルニアやニューヨーク発の情報が殆どという状況で、実際にこのような光景を目の当たりにしたことは本当に勉強になった。

彼らは保守系白人でカトリックだ。この国の一大勢力だ。そして彼はアジア人への偏見などみじんもなかった。むしろ、僕ら夫婦に出会ってからインドネシアなどアジアの留学生のホストファミリーなどをしている。これが、いやこれ「も」アメリカの真実なのだ。18:00過ぎに別れを告げ、20:00にミネアポリスに着いた。

7月9日
ミネアポリスとセントポールをしばし見て回ってから
ウィスコンシン州を通り(但しミルウォーキーは通らず)シカゴに向かった。最初はきれいに晴れていたが途中凄い雨に見舞われた。

15:00くらいにシカゴに着いた。小雨だった。それは残念だったが、モーテルにチェックイン後に車窓から見た街並みからは「都会としての美しさ」を感じた。

CIMG2298

ふらっとイタリアンレストランに入って夕食を食べてみた。僕らには珍しいことだ。それなりに盛況で雰囲気もよかったが味はまあまあだった。

7/10
午前中街を散歩し、シカゴハンコックセンターからのミシガン湖を含む眺望を楽しんだ。美しかったが冬は氷点下20度なんだよなぁ。

CIMG2310

シカゴを後にし、シンシナチに向かった。せっかくだからオハイオ州に入りたかったのと、ここの名物だというチリビーンズを食べたかったのだ。しかし、モーテルに行くのに時間を食い、しかもモーテル名にダウンタウンがついていたのでそういう立地だと思っていたがそのはずれで何もない。そもそもシカゴから出るときにルート66を走るはずが全然道がわからず、いろんな人に聞いても知らず、この日は端からダメな日だった。結局少し散歩してハンバーガーを食べてさっさと寝ることにした。

7/11
シンシナチからケンタッキー州のバーボンの町と言われるバーズタウン(Bardstown)を経てカントリーミュージックの聖地、テネシー州ナッシュビルへ。バーズタウンは欧州風の街並みが見事だった。

CIMG2326

バーボンの工場を見学したかったが時間が合わず、いい加減に走っていたら面白いところに着いた。

CIMG2344

ここはリンカーン大統領生誕の地で、彼が通ったという小学校とかを見て回った。

17:00ごろナッシュビルにつき、モーテルにチェックイン後ダウンタウンへ。ライブハウスが集中する通りを歩いて、漏れてくる音を楽しんだ。

CIMG2351

夜、アメリカンアイドルの入賞者のライブがダウンタウンのホールでやっているという情報を得て行ってみた。これも音が漏れてくるのを聞いて楽しんだ。
ギャラリー
  • トランプ大統領からのお手紙
  • リオープン派の皆様の言辞
  • リオープン派の皆様の言辞
  • リオープン派の皆様の言辞
  • 「コロナの現実」の地域ごとの違い
  • 変わるアメリカ人と変わらない日本の不決断
  • 日本よ。早く決めよう!
  • 日本の甘さ
  • 南カリフォルニアの新型肺炎の状況(2)
  • ライブドアブログ